始めが肝心

差し込む光がエネルギーに変わる家

住み続けるごとに実感する
ハイブリッドソーラーハウスのよさ

あんな部屋も欲しい、あんなこともしたいと夢が膨らむもの。
でもついつい忘れがちなのは快適性という家の性能です。
毎日そこで寝起きをし、家族が暮らし成長していく場所が当たり前に快適であることは家づくりの必須条件。
例えばホテル。どこでも快適な気温が保たれていますが、そんな状態を形にするにはかなりの光熱費を確保しなければいけません。
私たち三枡建設は山梨県で家づくりを始めてからずっと毎日の暮らしが快適であることを真剣に考えてきました。

冬の寒さが厳しい一方、年間2216時間と日照時間が日本一と冬でも太陽に恵まれている山梨県。
そんな環境に適したのがハイブリッドソーラーシステムの家です。
家中どこでも気温が一定に保たれていること。
それを維持するための費用を抑えること。
地球環境に優しいこと。
太陽光のエネルギーで得た熱を利用して全館床暖房として温める仕組み。
だから家中どこにいても裸足が気持ちよい、が可能なのです。

三枡建設の家は気温保持性に優れた仕組みだから、一度温めた空気が長続き。
すなわち、夏も少しの冷房で涼しさをキープできる優れものなのです。
また、太陽光発電をさらに組み合わせると年間を通じた電気の有効活用もでき、光熱費ゼロも夢ではありません。
部屋のレイアウトや内装は後からどんどん変えていけますが、こういった快適環境づくりは後からでは難しいもの。

せっかく建てる家だから、はじめが肝心。
時間やお金のことも含めて三枡建設ではそれぞれのプランにフィットする家づくりを全面サポートします。

about hybrid sola system
快適さと経済性を備えたハイブリッドソーラー

実際ハイブリッドソーラーシステムの
家ってどんな利点があるの?

00

太陽光発電ではない!
エネルギーを余すことなく使えるハイブリッドソーラーハウス

connective layout

年間で使用する光熱費のうち、約56%を占めるのは暖房と給湯だと言われています。
それらを太陽の熱で賄えるのがハイブリッドソーラーハウス。
通常、太陽光発電だと電気変換としては太陽熱の18%しか使用できないのですが、
不凍液を温めて循環させるこの方法だと78%も活用できます。
そこで暖められた液体でタンクのお湯を沸かして給湯の使用はもちろん、
全館の床暖房へ使えるため、光熱費の多くをカバーできるのです。
高気密と太陽のエネルギーを最大限に生かすシステムを合わせたハイブリッドソーラーハウスは、
住んでわかる快適性に優れた家なのです。

01

安定した気温で健康な暮らし

connective layout

そんなこと必要?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
玄関に入った瞬間から暖かく、夜トイレに起きた時にも廊下が暖かいこと。
そんなどこでも同じ安定した気温が保たれている室内の快適さは、体にかかる負担が大きく変わります。
医学的なレポートでは、気温の頻繁な変化を抑えることで血糖値の上昇や体脂肪の増加を防ぐことができると言われています。
365日暮らす家だからこそ、家中どこでも快適であるということは家族の健康に繋がる大きな要素です。

02

開放的な間取りでも熱効率抜群

connective layout

開放感あふれる間取りだとついつい熱効率が落ちそうだと敬遠されがちですが、
ハイブリッドソーラーハウスでは太陽の熱が大きなエネルギー源。
まるで魔法瓶のように温度をしっかり保とうとしてくれる機密性の高い家だから、大きな窓をつけても大丈夫。
差し込む日差しの暖かさ、自然の恵みを活かした暮らしというこれからのラグジュアリーを形にします。

03

家族も繋がり、空気も繋がる吹き抜けの家

connective layout

熱効率を考えた時に例えば吹き抜けは暖かい空気もたまりにくく、冷房も効きにくいと言われているので一般的にはマイナスです。
しかしハイブリッドソーラーハウスなら、むしろ大歓迎。
大きな吹き抜けや一体感のある室内はエネルギー循環しやすく、どこでも同じ快適さを形にできるからです。どこにいても家族と繋がっている、 同じ快適を共有する。仲良し家族の日常を形にします。

04

温かいだけじゃない床暖房。
部屋干しもふんわりあったか。

connective layout

日本は雨の多い国でもあり、花粉の時期など外干しができないなんていう声も聞こえてきます。
ハイブリッドソーラーを使った床暖房があるので、室内干しもふんわり暖かく乾き、家事効率と家族の健康を支えてくれます。

05

そもそも床暖房はやっぱり快適

connective layout

寒さを感じるのは実は足元。暖房器具から吹き出す温風は乾燥につながるし、足元が寒いだけで体の冷えも。
三枡建設の家は全館床暖房装備。
家に帰ってきた瞬間から快適温度。どこにいっても裸足が気持ち良い、そんな最高の贅沢は日常を楽しく健康にしてくれそうです。

06

太陽光発電の組み合わせで
光熱費ゼロも夢じゃない?

connective layout

家族といってもそれぞれに好きなことは別々。個人の趣味や思いを形にしながら快適住宅は無理?そんなことはありません。
バイク好きのお父さんも庭好きのお母さんも、どんどん大きくなっていく子供達のことを考えると必要なことは長期にわたる経済性です。何と言っても山梨は年間日照時間ナンバーワンの県。
冬の太陽を上手に利用しつつ、夏場は太陽光発電との組み合わせにより光熱費が抑えられることで生まれる余裕はぜひ家族の楽しみに使いましょう。