甲府市古屋邸

 

 真ん中の二つの玄関を中心にシンメトリーに作られたこの家は、古屋さんご一家の二世帯住宅です。今回は息子さんご夫婦のお宅をご紹介いたします。

 ちなみに、外観こそ左右対称に作られていますが室内の間取りや内装は全く違うそうです。「三枡建設は決して型にはまらない自由空間設計だから、ニーズに合わせた住まいづくりが可能なんですよね。それぞれが住みやすいような設計をお願いしたら、結果的に全然違う家になりました」と古屋さん。

 家の中に入ってまず気がつくのは、外からの音がほとんど気にならないこと。古屋さんのお宅は交通量の多い道路に面しているため普通なら車の騒音が気になるところなのですが、完全にシャットアウトされています。実は、これもハイブリッドソーラーハウスのいいところ。冬の保温力・夏の保冷力を最大限に生かすために気密性・断熱性に優れたつくりになっています。そのため、外からの騒音も家の中までは届かず。というわけです。甲府市古屋邸

甲府市古屋邸 リビングに入ると、窓から差し込む暖かい光に包まれます。窓がたくさんあると結露の心配がありますが、結露の原因となる部屋の気温の変化がほとんどないハイブリッドソーラーハウスなら大丈夫。「結露が大きな原因となるカビ・ダニの発生も抑えるから、子供にも安心です。毎日はだしで元気に遊んでいますよ」とのこと。ハイブリッドソーラーハウスは健康面にも十分配慮された家なんですね。

 古屋さんのこだわりがもう一つ。それは壁に使った素材です。応接室の正面の壁が大理石を思わせる高級感ただよう壁になっています。実はこの素材、床用なんだそうです。古屋さんがこんな壁にしたいとリクエストを出したところ、設計者のアイデアで床用の素材でつくることになったのだとか。このような型にとらわれないフレキシブルな設計・内装も三枡建設ならではですね。玄関の扉を開けた正面の壁も同様になっているのですが、抜群のオリジナリティあふれる効果を出しています。