甲府市林邸

 

 リビングに入ってまず感動するのが、その天井の高さ!何と3階まで吹抜けなのです。3階の天井の壁紙が空模様になっているのも、更に高さを感じさせる最高のコーディネート。見上げていると「すごいでしょ?2階吹抜けのハイブリッドソーラーハウスは一般的ですが、3階までというのは初の試みなんです」と林さん。実は林さんは三枡建設の工事部長さん。そして一級建築士でもあります。というわけでこの3階までの吹抜けも林さんの設計によるもの。「まず考えたのは、これからの住まいはどうあるべきか、ということ。快適さを求めるだけでは不十分。やはり環境に優しい家でなければいけないと思い、ハイブリッドソーラーハウスに決めました。太陽光発電システムも考えたのですが、ハイブリッドソーラーハウスと比べてエネルギー取出し量の効率が悪い。灯油など二酸化炭素を排出するエネルギー消費が一番多いのは冬の暖房や給湯ですから、現段階ではハイブリッドソーラーハウスのほうが環境に優しい家かな、と思っています。3階までの吹抜けもハイブリッドソーラーハウスだからこそできる設計です。あれだけの空間だと普通の家なら寒くていられないと思いますよ。ですが24時間床暖房で常に家中が暖かく、しかも気密性と断熱性に優れているから熱が逃げない。逆に夏は冷えた空気が外へ逃げないからエアコン消費量も少なくなります」とのこと。そんな『地球に優しい』林邸。快適さももちろん追求しています。キッチンは広いリビングダイニングの空間を遮らないオープンキッチン。もちろん奥さまのこだわり。「カウンターの幅を広くしてもらったから娘と向かい合って料理が作れるの」と嬉しそうに語ってくださいました。他にもこだわりがたくさん。リビング南側の窓は全面開放窓からデッキへとつながっているので、窓を開け放つとリビングからデッキまで一体となったオープンテラスが完成!また高い吹抜けの照明も、電動で下がるようになっているから電球の取替えも簡単。細かいところにも心配りがされています。 甲府市林邸